テクニカルチャートの種類に関して

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、過去の値動きや売買高、時間軸などから将来の値動きを予測する分析手法で、チャート分析ともいわれます。株式相場の予想などでも、プロもよく使っている手法です。

トレンド系とオシレーター系分析

テクニカル分析には大きく分けてトレンド系とオシレーター系の手法があります。

 

トレンド系は相場の方向性を知るのに適しています。代表的なものには、ローソク足や移動平均線などがあります。オシレーター系は比較的短期の相場を予測するのに適しています。「売られすぎ・買われすぎ」を測るための指標です。代表的なものは、ストキャスティクス・MACDなどです。他にチャートに時間を融合した一目均衡表などがあり、多くの投資家に使われています。

 

それぞれにメリットーデメリットがある

 

このようにいろいろあるテクニカル分析ですが、万能なものはありません。それぞれにメリットとデメリットがあり、また投資の方法によって向き・不向きもありますから何かひとつのテクニカル指標を過信することは危険です。あくまでも投資判
断をする目安ととらえ、複数の指標を合わせて総合的に判断するなどの工夫も必要です。

 

ここでは、FX取引に比較的よく使われるテクニカル分析を紹介し、簡単に説明していきます。しかし、実際に使われる場合には更に詳しく、理解を深めて使われることをお勧めします。

ローソク足のパターンを覚えよう

チャートは為替レートの動きを分、日、週など一定の期間で区切ってグラフにしたものです。グラフの横軸に時間、縦軸に為替レートを示すのが一般的です。ローソク足という名前はこの値動きのグラフがローソクに似た形になることからきています。ローソク足は、始値(はじめね)、終値(おわりね)、高値(たかね)、安値(やすね)の四本値といわれる値段で書かれています。始値よりも終値が高い場合には長方形を白(陽線)、終値が安い場合には黒(陰線)などで表
します。高値と安値は細い線で結び、長方形から上に出ている部分は「上ひげ」、下に出ている部分は「下ひげ」と呼ばれます。

 

為替レートが上昇する傾向にあるときにはローソク足は陽線が多く出ますから、全体が白っぽいチャートとなります。逆に下落している局面では、陰線が多く出て全体が黒っぽいチャートになります。このときの陽線、陰線の長さは勢いの程度を表します。つまり長方形が長いほど、上昇や下落の勢いが強いと考えられるのです。

 

また、始値と終値が同じ値段の場合を「同時線」といいますが、これは相場の転換点で現れることが多いようです。ローソク足にはいくつかのパターンがあり、そのパターンで今後の為替の動きを予測する手がかりをつかむことができます。パターンの幾つかを上で紹介していますので、参考にしてください。

ローソク足のイメージ

 

POINT

 

為替相場の方向性や売買のタイミングを計るのに有効なテクニカルチャート。ただし過信は禁物。